エコインテリア・プロジェクト 6年の軌跡

アメリカ広葉樹エコインテリア・プロジェクトについて

アメリカ広葉樹輸出協会(AHEC)は2001年にスタートしました家具材としての有効利用を促進するための「アメリカ広葉樹エコ・ファニチャー・コンテスト」に端を発し、2003年からは内装材としての有効利用さらには需要拡大を目指し住宅部門、公共施設部門、そして2006年には商業施設部門での「アメリカ広葉樹エコ・インテリア・プロジェクト」を展開してまいりました。それにより日本のユーザーの皆さまにもアメリカ広葉樹の本当の良さを認識していただきつつあります。

TOPICS

東京国際家具見本市(IFFT interiorlifestyle Living 2015)に出展

冬が身近に感じられた11月25日〜11月27日の3日間、東京・有明の東京ビッグサイトでIFFT interiorlifestyle living 2015が開催され、アメリカ広葉樹輸出協会(AHEC)は出展参加しました。今年は家具輸出を積極的に展開されている日本の家具メーカー8社よりお借りしたアメリカ広葉樹の主要樹種であるホワイトオーク、レッドオーク、ウォルナット、チェリー、メープル等で製作された椅子やダイニングセット、サイドテーブル等を展示しました。


アメリカ広葉樹懇話会&レセプション in 高松

11月4日(水)アメリカ広葉樹輸出協会(AHEC)は、今年7月の「アメリカ広葉樹セミナー」に引き続き、香川県高松市内で「アメリカ広葉樹懇話会」を開催しました。その初夏のセミナーでは約100名の建築士・デザイナー、家具・木工・内装材メーカー、木材業界の方々が参加。アメリカ広葉樹や木材塗装についての知識を深めていただくと共に、活発に意見交換をしていただくことができました。


 

アメリカ広葉樹樹種 サイト内検索


サイト内検索
AND OR

メインメニュー

Copyright(C) 2011 American Hardwood Export Council All Rights Reserved.