旭川 Asahikawa
広島 Hiroshima

01 澤田 昌彦 Masahiko Sawada
02 名取 陽人 Akihito Natori
03 樫木 幸司 Kouji Kashiki
04 佐藤 延男 Nobuo Sato
05 加瀬 和男 Kazuo Kase
06 北海道東海大学
   Hokkaido Tokai University
07 高丸  清 Kiyoshi Takamaru
08 小林 晧二 Koji Kobayashi
09 土田正二三 Masahumi Tsuchida
10 清水 幸悦 Khoetsu Shimizu
11 得永 光利 Mitsutoshi Tokunaga
12 佐々木邦雄 Kunio Sasaki
13 大門  厳 Takeshi Daimon
14 阿部 博紀 Hironori Abe
15 阿部 泰範 Yasunori Abe
16 山本 仁司 Hitoshi Yamamoto
17 日下 猛文 Takefumi Kusaka
18 木田 尚史 Naoshi Kida
19 谷藤 敏博 Toshihiro Yato
20 鳥羽山 聡 Satoshi Tobayama
21 齋藤 嘉之 Yoshiyuki Saito
22 達野 喜嗣 Yoshitsugu Tatsuno
23 向坊  明 Akira Mukaibo

24 宇野 正道 Masamichi Uno
25 近藤 庄平 Shohei Kondo
26 伊達 浩明 Hiroaki Date
27 高橋 正美 Masami Takahashi
28 瀬尾佳寿江 Kazue Seo
29 長友 勝己 Katsumi Nagatomo
30 山崎  繁 Shigeru Yamazaki
31 落合 剛史 Goushi Ochiai
32 黒瀬 由香 Yuka Kurose
33 森本 詞朗 Shiro Morimoto
34 井伏 忠美 Tadami Ibushi
35 清田 博志 Hiroshi Kiyota
36 松岡 佳二 Keiji Matsuoka
37 坂本 圧三 Atsumi Sakamoto
38 村上 哲郎 Tetsuro Murakami
39 岩切 智幸 Tomoyuki Iwakiri
40 森岡  貢 Mitsugu Morioka
41 壇上  恵 Megumi Danjo
42 三島 栄治 Eiji Mishima
43 渡辺 浩明 Hiroaki Watanabe
44 豊原 英樹 Hideki Toyohara
45 西本 卓弘 Takuhiro Nishimoto
46 宮原 正臣 Masaomi Miyahara
47 新崎 幹雄 Mikio Shinzaki
48 二宮 祐子 Yuuko Ninomiya

作品一覧      

■■■はじめに

アメリカ広葉樹輸出協会は2002年も「アメリカ広葉樹エコ・ファニチャーコンテスト」に参加していただいた作品をこのホームページで紹介できることを喜んでいます。
今回の参加作品もアメリカ広葉樹の特長である色違い・丸み・入り皮などをデザインとして織り込んだ魅力ある家具や木工品であり、参加者は旭川(北海道)と府中(広島県)で家具づくりや木工業に携わっておられる48グループ・65名の方々です。
なお、今回作品製作に使用された製材も米国の広葉樹業界から寄贈されたものです。

アメリカ広葉樹エコ・ファニチャーコンテストの主な目的は、日本ではあまり知られていない樹種やさまざまな等級(#1・#2コモン/B・Cグレード)の使用を通して広葉樹資源をどのように利用するのか、さらには天然木の特長(キャラクターマーク)を取り入れることが独自性のある魅力を発揮するばかりではなく、環境に優しいと言う事を幅広く知って頂くことです。広大で多様性があり、そして適切な森林管理が行われている米国の広葉樹資源の有効利用を通して、日本の生産者と消費者がアメリカ広葉樹を使用した製品により環境保全と消費者自身の健康につながることを知って頂き、さらには美しく実用的な木材製品を享受されると確信しております。そして今回の素晴らしい作品が日本の建築家やデザイナーさらには消費者の想像力を掻き立てることを希望します。

最後に、アメリカ広葉樹輸出協会として芸術的な素晴らしい作品を携えて今回のコンテストに参加して頂いた方々、さらにはご協力頂いた日本の家具および木材業界に深く感謝しております。



■■■Introduction
The American Hardwood Export Council is proud to sponsor the 2002 Eco-furniture Contest and is pleased to see it has attracted so many beautiful and unique pieces of furniture and other decorative items made with U.S. Hardwoods. This year's entries are the works of 65 woodworkers, comprising 48 teams from the Asahikawa region in Hokkaido and Fuchu region in Hiroshima. All of designs were made with lumber donated by U.S hardwood industry and creatively incorporate the unique, natural features found in hardwoods such as color variation, mineral streaks and wane.

The primary goal of the Eco-furniture Contest is to develop a greater awareness about how responsible utilization of the hardwood resource via usage of lesser known species, variety of grades (such as #1 and #2 common), and incorporating character marks is environmentally friendly as well as original and attractive. Through efficient use of the vast, diverse and well-managed U.S. hardwood resource, producers and consumers can be confident that products made with U.S. hardwoods are not only healthy for the environment and consumer, but that are also beautiful and practical. We hope that these exciting designs are an inspiration for housing professionals, designers and consumers.

Finally, AHEC would like to express its gratitude to everyone who has helped make the American Hardwood Eco-furniture Contest such as artistic and promotional success.




Michael S. Snow
Executive Director
American Hardwood Export Council


第1回 エコ・ファニチャーコンテストはこちらからどうぞ<<